マウスピース矯正のメリット・デメリット

「マウスピース矯正」は専用のマウスピースを日常的に装着することで少しずつ歯並びを動かしていく治療法です。他の矯正治療法を比べると楽そうなイメージのあるマウスピース矯正ですが、実は隠れたデメリットがありますので、対処法と一緒にお伝えします。

1.近ごろ人気のマウスピース矯正

使用するマウスピースは理想の歯並びに少しずづ近づけるようにコンピュータで設計されており、それを順番通りに使うことによって歯並びが改善されていきます。
マウスピースは透明色をしているのではめていても目立ちません。一般的なブラケット矯正は見てすぐにわかりますが、マウスピースはほとんど気づかれずに矯正を進めることができますので、社会人の方に人気です。

2.マウスピース矯正のメリット

①目立たない

マウスピース矯正の最大といっていいメリットは、周囲に気づかれずに歯並びを改善できることです。矯正をためらっている人の多くが装置を着けているときのルックスを気にしています。マウスピース矯正単独で行う場合はワイヤーもブラケットも用いませんので、口を開けて笑ったときにも矯正治療中であることをほぼ気づかれずに済みます。ですので仕事で接客などをする方には喜ばれています。

②食事の邪魔にならない

マウスピース矯正はもちろん自分で装着しますので、必要な時にいつでも外すこともできてしまいます。通常のブラケット矯正ですと固いものや噛み切りにくいもの(ガムやお餅)を噛むと外れてしまうおそれがありますが、マウスピース矯正なら外してさえいれば何でも好きなものを食べることができます。

③歯磨きの邪魔にならない

ブラケット矯正ではどうしても装置の周囲が複雑になってしまいます。そこに食べかすがからまったり、磨き残しが多くなったりしてどうしても歯磨きに時間がかかります。マウスピースなら歯磨きのときに外すことができるので、デンタルフロスも楽にできますよ。

④セラミックが入っていてもOK

ブラケットを用いた歯列矯正をはじめる場合、セラミックを外して仮歯にするか穴を開ける必要が出てきますが、マウスピース矯正ならセラミックごと歯を動かすことになるので、セラミックが傷つく心配がありません。ただし矯正によって歯茎の位置がずれる場合は、矯正を終えたあとにセラミックをし直す必要があります。

⑤金属アレルギーでも大丈夫

使用するマウスピースはプラスチック製ですし、通常の矯正治療で使用するブラケットやワイヤーなどの金属も用いません。そのため金属アレルギーの方でも安心して治療ができます。

3.マウスピース矯正のデメリット

①装着を忘れると治療効果が薄れる

マウスピースの取り外しは自分で行いますが、指定された時間(おおむね1日20時間程度)は装着していないと、せっかく動かした歯が少しずつ元に戻っていってしまうのです。そうなると思うような治療効果が出なかったり、治療期間が余計に伸びてしまうことも考えられます。早く歯並びを直したいのなら、決められた装着時間を守るのが一番です。

②奥歯の噛み合わせはまでは対応できないケースが

マウスピース矯正の難点は奥歯の噛み合わせを改善したいなど、歯を大きく動かす治療には不向きなこと。噛み合わせに不安がある方は奥歯だけ部分矯正するか、他の治療法を検討する必要があります。

③マウスピースが割れることがある

就寝中にもマウスピースを装着します。矯正用のマウスピースは薄く、歯ぎしりなど強い力が加わると割れてしまいます。対処法として、日中に噛み締めないように意識しておくことで筋肉がそれを覚えてくれるので、眠っているあいだの歯ぎしりを抑えることができます。それでもマウスピースを何度も割ってしまうようであれば、マウスピース矯正自体が向いていない可能性があります。他の治療法も視野に入れましょう。

④虫歯になりやすい

1日あたり20時間ものあいだ歯の全体をマウスピースで覆うので、当然ながら唾液の流れは悪くなります。口の中の細菌や、細菌の出す酸から歯を守るのが唾液です。唾液の流れが滞ると歯の石灰化が起こりにくくなり、結果、虫歯のリスクが高まるのです。食事の後の歯磨きは念入りに、デンタルフロスも欠かさないことが大事です。フッ素ジェルやフッ素入りのデンタルリンスを使ってもよいでしょう。虫歯になりやすい方はマウスピースの裏側、歯に触れる部分にフッ素ジェルを塗っておくとより効果的ですよ。

まとめ

歯並びや噛み合わせのことを考えれば、確実なのはブラケット矯正です。それでも、笑ったときに目立たなかったり、食事のときに取り外しできるマウスピース矯正を望む方もいます。それぞれのメリットとデメリットをよく理解してから、矯正歯科医と今後の治療方針を検討してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です